スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣くほど怖いもの



こんにちは。
今日はちょっと星以外のお話を書きたいと思います。

私はいま歌のレッスンを受けております。
私の歌の先生は
プロのシンガーとして東京を中心にご活躍中の
KANAKOさん。


雰囲気はふんわり〜♡と女性らしい方ですが
様々な経験をされてこられ
生き方が男前でして
特に音楽に関して、とても熱くまっすぐで真摯な姿勢です。
しかし、ご自身の歌声はどんなものでも柔らかく包み込む様な
まーさーにー太陽魚座を生きてらっしゃる
すごく素敵で尊敬する方です。


『おやすみ』
(KANAKOさんのオリジナル曲のタイトルです♡クリックしたら動画観れます!)


去年のKANAKOさんの京都でのライブで
私も前座として歌わせていただいたときのエピソード。


5月にライブをすると3月に決めて
それからレッスンでも本番に歌う曲を練習していました。

人前で歌う!ステージにたつ!と想像すると
どうにもこうにもカラダが固くなり
リズムを取るにもぎくしゃくとして、
突っ立っている私を見かねたKANAKOさんが

『音程とかリズムとか気にしないでいい。
どんな感情が溢れてきても、そのまま最後まで歌ってみてごらん。』

とアドバイスいただき
その通りに歌ってみました。


結果、ダム決壊でした。。。笑。



私は自分の本当の感情を抑えて
幼い頃から生きてきて
そうすることが当たり前で
でも次第に大人になって、生きづらさを感じて
占星術や心理学で自分を見つめ
自分を知るようになり
「音楽で自己表現すること」が
私の土星の課題だったことに気がつきました。


歌で自己表現することは
私にとって、ものすごく怖くて
自分がいままで抑え込んできた感情をだしたら
コントロールできなくなるんじゃないか?とか
誰かを傷つけるんじゃないか?とか
周りに嫌われるんじゃないか?とか
小さい頃、私が親に対して抱いていた不安の感情が
嗚咽とともに溢れ出してきました。


ダム決壊時はもちろん歌になっていなかったですが
だけど長年重くのしかかっていたものが
歌うことでだせるようになったことで
私の姿勢が変わったように感じます。


あの時のダム決壊は
感情が溢れだしただけでなく
それと同時に自分の安全圏内という制限の門を
内側から開けて、外に広げてくれたんだと思います。


泣くほど怖いものって
本当は自分がやりたくてやりたくて仕方がないこと、なんだと思います。


恐怖に感じても、
無視することなく
黙らせることなく
ただただ見つめて、耳を傾けて
語りだすのを待ってみてあげてみてくださいね^^







スポンサーサイト
プロフィール

Ms.Bazil

Author:Ms.Bazil
西洋占星術と衝撃的な
出会いをし独学で勉強。
その後より理解を深める
ためMs.Patchouliの元で学ぶ。
独自のキャラクターを生かし
パワフルで周りを明るくする
講師スタイルが人気。
星の言葉を通して自分自身を
より深く知ること、自分の
可能性に気づくこと、実生活に
活用する面白さをひとりでも
多くのひとに伝えられるよう
京都を中心に活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。