スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星とおしゃべりする方法@mellow-yoga*studio

本日は川西にあるmellow-yoga*studioさんで

「星とおしゃべりする方法」の講座をさせていただきました!!!


IMG_0600_convert_20120331212602.jpg
(mellow-yoga*studioさんで優遇してもらうBudda)

現在T土星がネイタルの3室運行中のため

「ひととコミュ二ケーションをとること」を訓練中の私にとって

大変学びの多い講座となりました。



水星へのハードアスペクトが多い私は

話すことに苦手感を覚えていたのですが

その苦手感っていうのは

実は「そこに何かあるから」自分が反応しているからであって

何もなければ、スルーしてしまうことなんですよね。

そして、「その何か」を

ポジティブにするのも、ネガティブにするのも

自分で選べるんです。




実際本日講座で話してみて

まだまだ不慣れな部分はあるにせよ

前より自分の言葉で話せているなという感覚がありました。

そう、牡牛水星は実感が伴わなければいけないんです。。。笑




スムースに言葉がでてこなくても

噛んじゃっても

自分の経験からでた言葉なら

きっと相手に伝わると信じて

これからもたくさんのひとに

星の言葉を伝えていけるよう、日々精進!!!



お天気の不安定な中

ご参加くださった皆様と

素敵な場を与えてくださった

mellow-yoga*studioオーナーFukukoさんに大感謝です♡


ありがとうございました!!!







スポンサーサイト

花の粉と書いて花粉、その響きだけだと可愛く思う。

普段は思考がパシパシ動き回っている分

水星逆行時はぼんやりすることが多い。

水星を支配星にもつ太陽双子座の私にとって

どうも水星逆行時は調子がでない。




水星逆行は、コミュニケーションがスムースにいかない、とか

通信機器の調子が悪くなる、だとか

交通機関に乱れあり、なんてことがよく言われますが

私は自分の水星期時代(子供時代)のことを思い出すような気がする。




というのも、昨日父とお話していて気がついたことがあった。

父も子供時代、親が共働きだったため

家にひとりでさびしかったのだということ。

虐待された子が親になって自分の子供を虐待する実例をきくが

それは「虐待した親の心理を知りたい」から。

そうかー、それでかー、と父の話をきいて納得した。

父も知りたかったのだな、と。




なんなんでしょうね。

何かを学ぶためにいまの両親と親子関係になること。

いつも家にいて私をみてくれる親の元に生まれてきたかったよ!と

小さい私は訴える訳ですが

そんな小さい私をいまの私までもが

無視したら

その存在を認めてあげなかったら

あまりに悲しいことだと思う。



最近、涙もろくなってきて

涙を流すまではいかないけれど

感情が溢れてだしてきて

仕事中涙ぐんだりしている。(花粉の季節を良いことに。。)

悲しくて泣いてる訳ではなく

「気づいてくれて嬉しい」

「みつけてくれた」

「認めてくれてありがとう」

て、こころが開いてるから

自然と涙となって

内側から現れているのかなと感じる。



花粉の季節が終わるまでには、落ち着くかな〜?!





水星逆行時に思うこと

水星は知性やそのひとのコニュニケーションの仕方を表すが

私の水星は笑けるくらいに状態が悪い。

土星スクエア
天王星オポのTスクエアに
冥王星とインコンジャクト(150°)
更にキロンとも合。

確かに水星年齢域の思春期も
クラスの女の子同士の無視や
部活内での厳しい上下関係
父親との激しい反抗期を体験し
何かとしんどかった。

太陽双子のひとは
「お話上手」とよく本には書かれているが
実際しゃべるのに苦手感を覚える私。

そんな私が今年から京都や川西で星のWSをさせていただいている。

この状況に土星のおっさんからの課題を
また木星のおばちゃんからの成長の種を
与えてもらっているように感じて仕方がない。



というのも、私のMCの牡牛21度のサビアンは
「荒れて波立つ水の上を飛ぶ白い鳩」

簡単に説明すると
伝書鳩のような役割を社会の中でするということ。

MCは「天職」の解釈の他に
「そのひとが社会の中で最大限の努力すること行ける最高到達点。頂上」とも言われる。

6月から成長を促す木星が双子座入りするタイミングでの
この課題は私を更に飛躍に導いてくれているように感じる。

私がtwitterでフォローしている
アンソニーロビンズ氏のBOTでも
「現代では、「人生の質=コミュニケーション力」なのである。」とある。

ハードアスペクトに真摯に取り組むことは
人間として大きく成長させてくれるのだということを
私が自ら体験して、それこそ伝書鳩のように
みんなに伝えられたらと思う。





宝物

IMG_0534_convert_20120405190944.jpg
(シドメンの夜明け前)



パチュリトから無事帰国しました。

日本全国から集まった星をこよなく愛する仲間たちとの

素晴らしい日々。


明るく楽しそうにしていても

今までの人生でみんな何かしら抱えてきていることは

詳しく話さなくても感じます。


いつから自分に嘘をつくことを覚えたのでしょうか?

勿論その嘘全ては悪いことではありません。

いままで生きていくなかで必要だったのです。

私も自分に嘘をついてきたひとりです。


社会の中で浮かないように

友達から仲間はずれにされないように

親を悲しませないように

自分の心を自分で曇らせてきました。



今回のパチュリトでは

そんな自分のこころを十分に使うことの気持ちよさを

全ての出来事を通して思い出すことができました。


こころは目に見えないけれど

確かにひとりひとりの中にあり

お互いつながりあってます。

相手のこころを聴き、認め、受け容れることは

実は自分自身にも同じことをしてることになるのです。



いままで抑え込んでいた自分の中の闇を認めること。

その作業は闇を光に変容することができます。

過去にあった出来事を後悔していた自分を

どうぞ受け容れてあげてください。

そんな自分もOKである、と。


全ては最良最善のことしか起きません。

顔をあげて前をみましょう。

自分の足で立ちましょう。

変化が怖いなら

自分にとって気持ちの良い選択をしてください。

そのひとつひとつが積み重なって

いつのまにか違う場所に連れて行ってくれます。




IMG_0546_convert_20120405190413.jpg

(シドメンの素晴らしいヴィラ、スリヤシャンティ)









プロフィール

Ms.Bazil

Author:Ms.Bazil
西洋占星術と衝撃的な
出会いをし独学で勉強。
その後より理解を深める
ためMs.Patchouliの元で学ぶ。
独自のキャラクターを生かし
パワフルで周りを明るくする
講師スタイルが人気。
星の言葉を通して自分自身を
より深く知ること、自分の
可能性に気づくこと、実生活に
活用する面白さをひとりでも
多くのひとに伝えられるよう
京都を中心に活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。