スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I want to ride my bicycle

こんにちは。


京都の北の方は木々がすでに色づき始めてますねバヂルです。
みなさま、いかがおすごしでしょうか?


こないだふと思ったんですが
「土星」って、自転車を乗りこなせるようになるのと似てるな〜と。


どういうことかを
実体験を例にしてご説明させていただくと


バヂルが自転車に乗れる様にと練習しだしたのは
確か小学校にはいる前の保育園のときで


おそらく多くの人が
自転車に乗れる様になるまでの過程として


①三輪車

②二輪車(両側補助輪あり)

③二輪車(片側のみ補助輪あり)

③二輪車(補助輪なしだが後ろから大人が補助する)

④二輪車(一切の補助なし)


という①〜④の段階を経て
晴れて「自力で運転する」
⑤自転車に乗れる様になると思うんですけど


小さい頃から運動神経のいい子は
どこかの過程をスキップすることもあるかと思いますが


鈍臭かったバヂルは
愚直に上記の過程を経て
乗れる様になっていきました。


①〜⑤の過程の④のときに
家の前の下り坂を猛スピードで
ガーガーと下っているとき


スピードを調整するブレーキの存在を忘れて
そのまま下り坂の突き当たりにあったお宅の壁に激突し


サドルに股間を強打し
あまりの痛さに
倒れてからしばらく動けなかった
強烈な体験をしました。


女の子でも痛いものは痛いですから。


しかし、
このような痛い目に遭いながらも


下り坂では慎重に運転したり
ブレーキの握り加減でスピード調整したり
両足で停めることを覚えたり


それでも止まらないときは
ひらりと二輪車から飛び降りることを身につけたりと


二輪車の構造や周囲の道路状況や
自身の身体能力や運転技術などなど


実に様々なことに身を以て学び
トライ&エラーを繰り返しているうちに
いつのまにか乗れる様になっていました。


自力で乗れる様になったら
もうこっちのもんで(笑)


「あんまり遠くに行ってはいけないよ」
という大人の禁を破り


好奇心の赴くままに
どんどこ行動範囲を広げていきました。


通ったことのない道は
この先に何があるのだろうかと
子供の想像力を刺激します。


通ったことのない道の先が
自分の知っている道と繋がっていること発見したときに
頭の中に新しい地図ができあがります。


あの時に感じた「自分が世界が広がっていく」感覚って
楽しくて楽しくてしようがないですよね。


自転車に乗れる様になって
自分の行動範囲が急激に広がったこと。


目の前に広がる未知なる世界に
心躍ったあの時に気持ち。


自分の行きたいところに
自分の力で行けるというあの自由な感覚。


まさに「自分の想い通りにできるようになる」ことで
味わえるものが「自由」なんだと思うんですね。


「自由は責任を 意味する。だからこそ、
 たいていの人間は自由を恐れる」



と、アイルランドの劇作家・バーナード・ショーの言葉にもありますが


自由にどこへでも行けるということは


交通量の多い道路や
見通しの悪い道
暗い道
凸凹道など


横に広がって歩く集団
猛スピードで追い越していく他の自転車
急に方向を変える前のひと
いきなり飛び出してくる猫


とまあ、実に様々なアトラクションに遭遇し
時に怪我をする可能性があるわけですから
なるべく「輪っか」の範囲内に留まろうとします。


この「輪っか」というのは
占星術でいう「土星」の輪っかのことで


その輪っかは「制限」を表しており
二輪車でいうと「補助輪」や「大人の手(目)」というのが
それに当たります。


「補助輪」や「大人の手(目)」があると
こけたりぶつかったりするのを防いでくれるから安心・安全ではありますが
あくまでも「大人の手(目)」が届く範囲内だけの話であって


一歩範囲外にでてしまえば
自分の想い通りにできるので自由なんだけど


失敗しても怪我しても
自分の責任になるわけですから
そらもう怖いわけです。


しかも不条理な人間世界におるわけですから
なおさら怖いんですよね。


しかしながら
自分好みの自由を手にするためには
その怖さと向き合うことが必須なわけで


突き詰めて考えてみれば
その怖さと向き合うことなしには
自由を手にすることはできないと思うんですね。


ひとことで言っちゃえば
あるがままの自分を知るってことなんですけど


「自分の想い通りにできるようになる」には
できない自分をまずは認めること。


目的地にむかうには
現在地を知ることからスタートするんですよね。


痛いです。
いままで馬鹿にしていたひとと
自分も同じなんだって気づくのは。


恥ずかしいです。
そうやってひとを見下すことで
自己価値を上げようとしていた自分に気づくのは。


もうそれこそね、
壁に激突して
股間をぶつけて悶絶するくらいに
痛くて恥ずかしいです(笑)


でもですね、逆説的ではありますが
「土星」の制限があってからこそ自由を手にすることができる、
とも言えるんですよね。


その辺の詳しい話を聴きたい方には
「土星対策本部」でお伝えすることにして


今日はここまでにしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます◎



0-100523-01.jpg

( ♪バァ〜イセコ バァ〜イセコ オモロい歌ですね〜 )



☆☆☆おしらせ☆☆☆

【 Ms.Bazilの占星術鑑定&講座 】

星語でしゃべるナイト☆
 11/15(日)18:00〜19:30
 12/13(日)18:00〜19:30

・個人鑑定へのお問い合わせ&ご予約は
 bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)まで◎



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms.Bazil

Author:Ms.Bazil
西洋占星術と衝撃的な
出会いをし独学で勉強。
その後より理解を深める
ためMs.Patchouliの元で学ぶ。
独自のキャラクターを生かし
パワフルで周りを明るくする
講師スタイルが人気。
星の言葉を通して自分自身を
より深く知ること、自分の
可能性に気づくこと、実生活に
活用する面白さをひとりでも
多くのひとに伝えられるよう
京都を中心に活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。